【節約術】公的保険を知って民間保険料を安くする(医療保険編)

公的保険を知って民間保険料を安くしよう(医療保険編)お得情報

支出を減らして、子どもの学費や老後の資金にあてたい。
貯金を増やして、資産を作りたい。
民間保険料が高い。

と思っている人にとってきっと役に立つ情報です。

お金の負担があると楽しい人生は送れません。

支出を減らして、子どもの学費や老後の資金にまわせれば
経済的なストレスのない楽しい人生を目指していけますよ。

医療保険は最低限にできます。

なぜなら、日本の公的保険が世界有数といわれるくらい最強だからです。

私が会社員なので会社員を例にして書きますね。

「もしケガや病気になったら」

①医療費負担額3割

みなさんが公的保険で真っ先に思い浮かぶのは
病院での医療費負担額が3割になることだと思います。
人によっては、公的保険はこれだけだと思っている人も
いるかもしれません。
なぜなら、私がそうだったからです(恥)

②高額療養費制度

医療費支払い額に上限があるの知っていますか?
収入によって上下しますが1ヵ月の医療費が最大で10万円前後に
なってしまいます。
例えば、1ヵ月で30万円の医療費が発生したとしても
実際に支払う額は10万円前後にしてくれる制度なんです。
これがあれば、民間の医療保険って不要じゃないかなって
本気で思っています。
だって、通院費・入院費まで対応ですよ。

③傷病手当金

病気やケガで3日以上休んだ時月給の2/3を貰える制度。
収入がないという場合に、最長1.5年もらえるんです。
これもすごい制度です。

④入院時療養費

1食につき、460円ほど補助が出ます。
地味だけどおおきいですよね。

⑤保険外併用療養費

先進医療を受けたとき、純粋な先進医療部分は
全額負担なんだけど、それ以外の診察・投薬といった部分は
一部負担ですみます。
例えば、
陽子線治療(放射線治療)=がんの治療 270万/件
重粒子(炭素イオン)線を使った放射線治療 300万/件
これらはほぼ「がん」の治療。
先進医療特約をつかえるより、がん保険の掛け捨てとかの方が
安い場合がありますよね。

これらの公的保険には細かな条件があるので
それもまた追記していきますね。

支出を減らして、子どもの教育費や老後の資金にまわして
経済的なストレスのない楽しい人生を目指していきましょう。

コメント